階段の下を収納スペースとして活用しよう

スペースの有効活用と収納の確保は重要課題

魅力的で機能的な注文住宅を作り上げるためにはスペースを有効活用して十分な収納のある住宅を設計することが重要です。限られた土地に建てることになるので、スペースを最大限に使って必要な機能を持たせるのは魅力のある住宅に仕上げるのに欠かせないポイントでしょう。階段下のようなデッドスペースを活用して機能を持たせるようにするのは大切な取り組みです。また、広く快適に使える住宅にするためには収納を十分に確保することも必要になります。この二つを重ね合わせると階段の下を収納スペースにして有効活用するというアイディアが生まれてくるでしょう。どんな形で利用できる可能性があるのかを知っていると設計のときに役に立ちます。

階段下収納のバリエーション

階段下収納は階段の広さや高さ、場所、そして活用方法の発想力によってかなりのバリエーションが生み出されます。典型的なのは階段の横側からものを出し入れできるように棚を作っておいて、使い方は後から考えるという方法です。扉を設けずに気軽にものを置けるようにしておく方法もあれば、引き戸を付けておくことも可能です。また、扉を付けずにカーテンをかけて中身を見えないようにしつつ埃を避けられるようにするという方法もあります。一方、用途を決めて作り上げることも可能で、本棚や靴箱にするのがよくあるパターンです。高い階段の場合にはクローゼットを設けることもあります。その場に何があれば役に立つかをよく考えてデザインするようにしましょう。

新築一戸建ては、最低2000万円位あれば購入することが可能です。2000万円台は狭小住宅が多いですが、建物が新しいので狭いながらも快適に暮らすことができます。

© Copyright Custom Home Interiors. All Rights Reserved.